いつの間にかでは遅い|尿漏れや更年期での難聴を知る

更年期で起こる

Woman

更年期には耳鳴りや難聴といった耳の変調が起こりやすいとされている。しかし、同時期には突発性難聴にかかる人も多いため、変調を感じたらすぐに耳鼻科を受診することが早期治療といった意味でもメリットが高い。

この記事を読む

気になる耳鳴り

Woman

耳鳴りは加齢によるものもあり、治療方法も人それぞれのようです。加齢の他にはストレスから来る場合もあります。他には何らかの病気が原因で突然大きな耳鳴りがすることがあります。この場合はすぐに専門医に受診することです。

この記事を読む

尿漏れ対策方法と予防

オススメの鼻づまりの解消方法を調べてみませんか?意外と知られていない効果の高い解消方法なども存在していますよ。

尿漏れタイプを判断しよう

尿漏れはとくに女性に多く、いつ起きても不思議のない身近なものです。とくに分娩時に骨盤底が影響を受けることで、出産経験者の女性が尿漏れを発症することが多いようです。この他にも肥満の人や背が高い人なども、腹圧がかかりやすいために発症することがあります。このように原因はさまざまですが、症状としては尿意がないにも関わらず、階段を駆け下りたり、座っている姿勢から立ち上がったりしただけで少し漏れてしまうというもので、これらは尿漏れの中でも一般的に多いとされている腹圧性尿失禁です。尿の病気にはこの他にも急いでトイレにいっても間に合わない緊迫性や、尿排出障害の溢流性、薬による副作用などのさまざまなタイプがあります。

セルフケアをしよう

尿漏れの中でも腹圧性尿失禁の場合、骨盤底トレーニングが改善に効果的とされています。基本的に寝転がったり、座ったりした姿勢で行える簡単な運動なのですが、骨盤底の場所を認識し、12から14秒程度、腹部に力を入れずに骨盤底を締めるます。それから45から48秒ほど、体の力をぬいて休みます。これを1日10回を目安に継続して行うようにしましょう。また緊迫性の場合は、尿意をある程度ガマンし、膀胱の容量を拡大するという膀胱トレーニングという方法があります。他にも排尿日記をつけることで、排尿パターンをつかむということも良い方法です。また緊迫性であっても、腹圧性で行う骨盤底トレーニングを行うのも良いでしょう。このように病院にかかるだけでなく、セルフケアで症状の改善をもたらすことも可能です。

更年期とは

Woman

更年期障害とは閉経とともに卵巣機能の低下による女性ホルモンの分泌低下で現れる様々な身体的不調や精神的不調のことをいい、女性だけでなく男性にも現われる。その症状や個人により異なり一概には言えないが様々な症状がある。

この記事を読む